レイキ受講

引かないで下さい!

 

今日の午後からは、霊気(レイキ)を受講してきました。

レベル1です。以降レベル2,3、とありレベル4になればレイキマスターとなり、人に教えることができます。

 

なんかオカルトっぽいですが、れっきとした療法です。

 

霊気療法と言う言葉は、明治・大正・昭和初期の療術家が既に用いていました。実際に特に関東大震災では大勢の人を治したそうです。

 

その中で大正時代、臼井甕男(うすい みかお)氏が創始された臼井霊気療法が、海外に拡がっていき、独自の発展を遂げました。日本では太平洋戦争以降なくなりました、やがて世界各国に500万人以上のレイキ実践者を生み出していった結果、現在では、霊気療法(レイキヒーリング)=源流は臼井霊気療法である。という図式が一般的です。現在の日本では、逆輸入してきて、現代霊気法が主流になりました。

 

なぜこんな霊気法を受けようかと思ったのは、整体の練習中、相手が悪い状態での施術すると、邪気がこちらに移ってきて、調子悪くなったためです。

この前の時は、次の日寝込みました。

症状はインフルエンザにかかったみたいですが、熱はなく、体全体がだるくなりました。

それで、この邪気を防ぐには・・・いろいろ調べた結果、霊気がいいとわかってきたからです。

 

調べると、患者さんを直接さわる職業の人が多いみたいです。

実際、霊気を体験したら、瞑想状態というか、夢心地で大変心地の良いものでした。

 

整体院を開業するまでには、レベル3までになって整体に生かし、患者さんをより一層らくになってもらいたいものです。

励みになります

ポチッとお願いします