市の胃がん検診

10:30から本巣市の胃がん検診に行ってきました。

10:10に家を出て車で5~6分のところに本巣市役所があり、その隣のすこやかセンターで検診を受けました。

20分前なのに順番では15番目でした。

皆さん早くから来ているようです。

係の人の話では昨日は120人でしたが、今日は140人だそうです。

ほとんど女の人ばかりです。

誕生検診なので、だいたい同じかやや上の人です。

町内のひとにも3人会いました、5~7歳上の人です。

診察料700円を払って、病院の診察を受けるウェアーに着替えて待ちます。

レントゲンバスが2台来ていて、スリッパを青色と黄色に分けてそれぞれの色のバスに向かいます。

バスの中に入ると係の人がいて、まず顆粒の薬を飲まされます。

炭酸が効いていてお腹に入ると膨張するのがわかります。

そのあと、バリュームを100CCぐらいの容器をもたされて、レントゲンの台に立ったとき飲みます。この時ゲップが出るともう一杯飲まされますので、ゲップを我慢して飲みました。

いよいよレントゲン撮影です。

まず台の上で横になって2回まわって撮影、もう一回まわって撮影、次は右を上にして撮影、正面、左上、やや逆さなど何パターンか撮影しておわりました。

前々回の時は検査に引っかかって日赤病院で胃カメラを飲んだ覚えがあります。

別に以上はありませんでしたが、もう二度と胃カメラはごめんです。

今回は引っかかりませんように、

励みになります

ポチッとお願いします