鯖江、東尋坊

25日鯖江の本山、誠照寺へ父の納骨に行って来ました。

誠照寺の駐車場
誠照寺の駐車場

御供を上げてもらって、納骨しました。

納骨堂の納骨された数が以外に少なかったです。

これも不景気の影響か?

このあと境内を見学しました。

昼食をいただきました。

精進料理と思いきや、海鮮丼です。

美味しくいただきました。

誠照寺を後にして、今日の宿の望洋楼を目指して越前海岸を北上します。

途中に寄った銭ケ浜

朢洋楼に3時チェックインでしたが、早く着いたので、ここで時間つぶし。

朢洋楼が見下ろせる高台の駐車場で、この先に東尋坊があります。

電話をしたら迎えに行きますとのこと、ここにオルビスイオを停めて、迎えの車を待ちました。

朢洋楼の外観
朢洋楼の外観

露天風呂付客室。

2階のいりえの間でした。

今回は母の誕生日だったので、お祝いを兼ねて奮発しました。

その代わり私は一人オルビスイオで泊まります。

露天風呂の隣には、風呂上りに涼むのに丁度いいベランダがあります。

ベランダから撮った夕日がとても綺麗でした。

料理はざっとこんな感じ。

見た目に綺麗で、手間がかかっている感じです。

あわびのしゃぶしゃぶでした。

全体に京味というか、やや上品な薄味でした。

母が誕生日だと中居さんに告げると、誕生日のお祝いのカードと記念品が貰えました。

中身は飾りの陶器でした。

夕食の後、私はオルビスイオに送ってもらい、ここでP泊。

朝6時に起きて、東尋坊へ向かって遊歩道を歩きます。

その前に、泊まった駐車場の周りを撮りました。

母とかみさんが泊まっている朢洋楼が見えます。

いよいよ東尋坊に向かって歩きます。

 

岩場と言われている東尋坊のメインのところを過ぎて、どんどん歩いて行きます。

自殺の名所らしく、花束があったり、自殺を思いとどまるよう促す標識や看板がありました。

朝日が立ち上って来ました。

時間が時間だけに、誰一人いなく、寂しい散歩でした。

9時になったら、母とかみさんが朢洋楼に送ってもらい、オルビスイオに来て合流。

東尋坊で遊覧船で見物する計画をしていましたが、乗船するのに、母の足ではとても無理なことがわかったので、諦めて、土産を買って帰ることにしました。

 

励みになります

ポチッとお願いします