治療院の集客

12月13日にお店をオープンして6日経ちますが、ほとんど反応がありません。

色々原因を調べてみたら、まず、折込チラシを出した日が悪かったようです。

ひとつは、週末の金曜日のため沢山の広告が入っていたので、その中に紛れてしまった。

また、オープンの1週間前だったので、忘れられてしまった。

割引サービス券の期日が2月末と長すぎた。

粗品進呈の数を限定しなかった。

チラシ自体のインパクットがなかった。

 

次に出すときは、ここのところを考慮して考えたいと思います。

 

とにかく、新規のお客に知ってもらわないと始まりません。

1回折込広告をこの前と同じ規模で出すと、6万円かかりますが、たて続けに出そうと考えています。

塾の先生の話では、人間3日で忘れてしまうので、3日以内に情報を発信して、21日間忘れなければ、完全に覚えられるそうです。

 

後、気になるのが、ホームページです。

SEO対策で、「本巣 整体」では上位にきます。また毎日アクセスが5~10人ありますが、なぜか問い合わせの電話がありません。

アクセスアップにつながるということで、初期費用無料で1ヶ月タダなのでエキテンの有料会員に申し込んでますが、こちらも反応がありません。

 

 

あるコンサルタントの人の話で「蛇口を欲しがってはいけません」というのがります。

 

都会にやってきた「砂漠地方」出身の人が、蛇口から水が出ていることに感動して、「これはスゴイ!!!」と、蛇口を欲しがった。
どうにか「蛇口」を手に入れて、地元に帰って、お土産の「蛇口」をひねってみたら・・・。
水が出ない(笑
こうやって書くと笑い話のようですが、治療院の集客でも、まったく同じことをやっている治療家さんが多いのです(泣
「蛇口」からキレイな飲み水が出てくるのは、「水源」「浄水場」「水道管」があってのこと。
なにも、「蛇口」だけで水がドンドン出てくるわけではないのです。

 

ということです。

耳が痛いです。

要はどんなツールを使うのではなく、どのようにツールを使うかです。

背後にあるシステムが大切です。

 

励みになります

ポチッとお願いします