ココがマムシに噛まれました

夜の7時頃近くの田んぼの脇道をココを連れて散歩していました。
最近、この時間になれば吹いてくる風が熱くなくて心地いいので、ココの散歩はこの時間になりました。

いつものコースを歩いていたら、ココが急に飛び上がりました。
そのあと、尻餅をついいて歩けなくなりました。
仕方がないので、散歩は中止して、ココを抱っこして帰って来ました。


帰ってきても、なんか変です。
見ると、少し顔の右側が腫れているように見えます。
母がひょっとして、マムシに噛まれたのではないかと言うので、いつもの動物病院に電話をしたら、まだやっていて、見てもらえるのですぐに出発しました。

病院には7時半過ぎに着いて、院長先生が見て下さり、マムシに噛まれたので、注射を射ってくれました。
先生の話では、人間と違って、犬は今までに死亡した事例はないそうです。
また顔を噛まれれば、倍くらいはれるそうですが、心配ないそうです。

奇妙なことに、ココはここの病院の紹介でうちに来ましたが、紹介してくれたココの母親もマムシに6月に噛まれたそうです。

この病院では、毎年4~5件マムシに噛まれた犬が来るそうです。
意外と街の中にもマムシがいるので、物騒です。

今朝のココの状態、顔の両方が腫れていますが、思った程腫れていなくてひと安心。

やはり、噛まれたあとすぐに病院に行ったのが良かったようです。

このあと、病院に連れて行き見てもらったら、もう大丈夫だそうです。
念のため、明日注射を射てばもう大丈夫。

これで、22日の夜出発の大曲花火大会に出かけることが出来ます。

励みになります

ポチッとお願いします