UbuntuからLubuntuへ

以前にToshibaTX66GBLのノートパソコンをWindows7からubuntuに変えました。


OSがLinuxでシンプルなので、すこぶる快適に使っていました。

特にWindowsに比べ音質が良くなり、仕事場のBGM用に使っていました。

 

音が良い理由はノートパソコンなのにHarman/Kardonを使っています。

使っていて、不自由なのが、電源を入れた後の立ち上がりに失敗することです。

 

ACアダプターに繋ぐと、電源が落ちる現象は電池を使うことで解決するので

ACから電池の端子に直結して、使ってましたが、運がいい時は一発で立ち上がりますが、たいていは2度3度電源を入れ直ししなければなりません。

電源SWを入れると、dynabookのロゴが現れ、次に、ubuntuの起動画面になり、エンターを押すと起動するのですが、たいていはプロンプトが現れるか、次の画面になり動かなくなります。

この後、電源を矯正終了して、もう一度電源ボタンを押せば立ち上がります。

 

また、運が悪いと、せっかく立ち上がってのに、フリーズする時があります。

 

どうもこのシリーズは全て電源がダメなようです。
根本的に設計が悪いのか、使っている部品が悪いようです。

これ以外に、かみさんが使っていたWindowsXPのノートパソコンが廃棄するばかりになっていたのを、引張出してきました。

 

日立のプリウスというもので、cpuがceleronM 1.5Ghz、メモリーが730MB、HDDが80GBのスペックです。

 

XPの欠点でCディスクが一杯になり、動かなくなりました。

Dディスクはかなり空きがあるのにです。

 

色々やってみましたが、XPのサポートが終了するというので、かみさんには新しいノートパソコンを買いました。

当然Windows8.0です。

 


この日立のプリウスをwindows7にバージョンアップしよとしたところ、スペックが低すぎて、無理でした。

 

またDyanabookに入れたubuntuさえ入れられません。

 

ubuntuより軽いlbntuがあることが分かりました。


試しにlubuntuを入れたら、うまく入りました。

 

 

 

日立プリウス XP

ディスクトップの画面はこんな感じで、ubuntuの紫ぽいのではなく、ブルー系です。

外部スピーカーに繋いで、普段はrajikoのFMを聞いていて、お客さんが来たらAudaciousのアプリでBGMを流しています。

 

何故か、RegzaPCのディスクトップより外部スピーカーに繋ぐと音がいいのです。
Dynabookノートパソコンより音は悪いのですが、それでもディスクトップより音がいいのは、いかにディスクトップのRegzaPCの音が悪いかですね。

 

ノートパソコンのスピーカーは低音が全然出ないのですが、外部スピーカーに繋ぐと、低音が出るのでバランスが良くなるのか、逆にディスクトップはそのままで聞くにはバランスがとれているので、外部スピーカーに繋ぐとバランスが悪くなるのでしょうか。

 

ある意味、中途半端の状態ということでしょうか。

励みになります

ポチッとお願いします