ウレタンゴム発注

キャンピングカー、オルビスイオのビルシュタインのウレタンブッシュが割れて困っていました。

同じキャンピングカーにお乗りのぴー太さんに使わなくなったビルシュタインのウレタンブッシュを1個送ってもらいましたが、前輪両方が割れたので、もう一つを接着剤でくっつけてみたものの、どうもダメのようです。

 

頼みのLTキャンパーは部品の在庫がなくなっているし、インターネット検索してもカムロード用のビルシュタインのウレタンブッシュはヒットしません。

 

マイミクのtakekidさんが、四国の岡モータースで扱っているかもしれないとの情報を頂きました。

 

また、ウレタンブッシュを送ってくれたぴー太さんからメールで、LTコンフォートのウレタンブッシュもゴムなので、耐久性があればいいのではと教えてくれました。

 

Facebookでも柳井さんから、寸法が分かれば注文で制作してくれる会社があると教えてくれました。

 

調べた結果、ゴム通という会社。

 

ビルシュタインのウレタンブッシュのサイズを測ったら、外径45mm、内径20mm、厚さ12mmと分かりました。

サイズ表から厚さは10mmまでですが、2mm少ないけど勝手に良しとします。

 

あとはウレタンゴムの種類です。

 

別の会社でウレタンゴムの特徴をグラフにしたものがありました。

この表から

 

天然ゴムは摩耗や強度は良いのですが、屋外では不利のようです。

全体のバランスは クロロプレンゴム ですね。

自動車の部品として、耐久性、耐摩耗性、強度、耐熱性、耐寒性など多岐にわたって性能が要求されます。

 

この画像にはないのですが、ウレタンゴムというのがあります。

正に今探しているゴムではないですか。

 

次の表にありますが、一番適してそうです。

耐熱性と耐寒性が悪いようですが、耐寒性はマイナス25℃なので問題無いと思います。

 

エーテル系かプリエーテル系のどちらかです。

硬さはポリエーテル系の方があります。

 

 

あとはゴムの硬さが数字で表されています、

45は消しゴムの硬さなので、これでは柔らかすぎです。

残りは65か90になります。

 

実際のビルシュタインのウレタンブッシュは一見プラスチック並みの硬さなので、一番硬い90にしました。

 

最終的にチョイスしたのは、ウレタンゴム、ポリエーテル系90。

 

予備にニトリルゴム 70も選びました。

 

価格は高いポリエーテルが907円、ニトリルが540円です。

 

 

一応注文しましたが、果たしてうまくいくかどうか。

現物を見てから考えたいと思います。

 

最後に、あくまで自己責任で参考までにして下さい。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ヤスシ (金曜日, 06 11月 2015 20:01)

    初めまして、カムロードのキャンピングカーに乗っているものです。同じくビルシュタインでブッシュが割れて無くなっていました。参考にさせて頂きます。その後どうでしょうか?

  • #2

    ioihey (土曜日, 07 11月 2015 11:07)

    コメントありがとうございます。
    10月29日に試乗記があります、今まで使ってますが問題がないようですよ。
    参考にしてください。

励みになります

ポチッとお願いします