ノートパソコンのキーボードを交換しました。

今まで仕事場で使っていたディスクトップパソコンが修理中なので、本宅で使っているノートパソコンを仕事場に毎朝持って来ています。


このノートパソコンは中古をヤフーオークションで安く手に入れたものです。

型式は東芝Dynabook B551/Cでcpuがcore i5、メモリーが2GBだったものを4GBに増やして、せっかくメモリーを増やしたので64bit版にしました。

OSはwindows7のプロフェッショナル版です。

届いた時はキーの左上のほうに何かこぼした形跡があり、好き掃除をして使ってましたが、最初からこの部分の入力は良くなかったです。


最近キーボード全体の調子が悪く、数カ所は強く押さないと入力出来なくなりました。
ついに5日前にはとうとう入力できなくなたので、また、ヤフオクで物色していたら、この機種の新品のキーボードが1,250円で出ていたので入札しました。


入札したら取引ナビでメールのやりとりをするのですが、相手はどうも中国系の人のようです。

名前からして明らかに日本人ではありません。


文章からは、日本人でないことは微塵も感じられません。


指定したゆうちょ銀行の講座に送料合わせて2,210円振込みました。

外国から送ってくるので、送料が960円かかります。


そのキーボードが届きました。

分解方法はインターネットでいくらでも出ています。

それを参考に、バラしました。

まずは、キーボード上のカバーをドライバーで浮かせて、順番に外してゆきます。



4個のネジを外します。




中央の茶色の濃い方を手前にずらすとコードが外れます。

後は新しいキーボードを、今までの反対の順番で組み立ててゆけばオッケーです。


さすがに新しいキーボードはキーのストロークがヘタってなく、適度の反発があって気持よく入力出来ます。


励みになります

ポチッとお願いします