白い猫のアンが死にました

もと野良猫だった、白い猫のアンが額にできた傷が癌になり昨夜死にました。


4年前に母が年末に鯖寿司を漬けようと外で作業していたら、魚の匂いにつられて、やってきたのがアンでした。
それ以降我が家に住み着きました。
当時キャバリエ犬のククが老衰で家の中にいたので、本宅に入れず家内の作業場で住むことにしました。
もと野良だったせいか、閉じ込めると嫌がって何度か脱走しました、ビックリしたのが頭突きでアミ戸を破ったことです。
2度や3度ではありません、その都度アミ戸を貼りまえました。
アミ戸以外に何をする時でも頭突きをするので、額にキズが出来ました。

やがてククが死んだので、アンは家内の仕事部屋と本宅を行き来きしていました。
オカメインコのピーチャンはアンを見ると細くなって、怖がってました。
どちらかと言うと家内の仕事部屋がメインになりました。

春になると今のミーが隣の奥さんに子猫で拾われてきました。

半年後には子犬のココが動物病院の紹介で我が家にやってきました。

子犬のココと子猫のミーはいつも一緒でした。

このころからアンは本宅に来なくなりました。

たまに縁側から家に中に入って来て部屋中を見回して出ていきました。

去年の8月に額のキズが大きくなったので、獣医さんに診てもらって検査をしたら、癌になっていました。

今までドライフードだったのが、毎食薬を飲ませるためにパウチ(離乳食)に替えました。

日を追うごとにキズは大きくなり、右目が見えなくなりました。

そして、とうとう昨夜の10時に死んでしまいました。

励みになります

ポチッとお願いします