おとりこしをしました

今年もお坊さんを呼んでおとりこしをしました。
この地方ではおとりこしと呼んでますが、正確には陰暦10月に行う報恩講のことで、親鸞聖人の命日11月28日前後に執り行います。

去年までは、お寺の先代の奥様でしたが今年からは息子さんに変わりました。
午前中に4軒回られたそうで、食事はうちでとって貰いました。

お経の中でお坊さんが読まれる御文書、何でも200年前のものだそうです。
また、仏壇の掛け軸は300年前より古いものだそうです。

先祖代々続いている伝統ある行事を今後も守っていまねばなりません。

励みになります

ポチッとお願いします